文字コード確認方法について - CentOS|Systems Engineer Wiki

Systems Engineer Wiki

訪問者:12,049,595 人目

<< 2020年09月 

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
お知らせ・メンテナンス情報
  >  
  >  
文字コード確認方法について

文字コード確認方法について

投稿日:2015-01-04 03:11:08

CentOS 6.X 文字コードを確認する場合は、nkf コマンドを利用します。 WEBディレクトリに格納されている特定の拡張子が付いた全てのファイルについて検索を行い文字コードを確認します。 このような場合は、ファイルを検索する find コマンドと、nkf コマンドを併用して実行すると便利です。 ※CnetOSの最小インストールでは、nkf コマンドがインストールされないらしいので、もしコマンドがないなどのエラーが表示された場合は、yumコマンドを使用してインストールを行ってください。 WEBディレクトリ配下全てのファイル検索を行うため、対象となるファイルの拡張子も複数存在します。 その場合は、ファイル拡張子を正規表現で設定することも可能です。 ※正規表現を利用する場合は、オプション「-regextype posix-egrep -regex」を設定します。 ※*.html、*.php、*.cgi、*.css、*.jsという拡張子が付いたファイルを対象に文字コードを確認します。

# find ./ -regextype posix-egrep -regex ".*\.(html|php|cgi|js|css)" | xargs nkf -g

# find [削除対象パス] -regextype posix-egrep -regex ".*\.([ファイル拡張子])" | xargs nkf -g