ウェブサーバ(Apache)初期ファイル表示設定【.htaccess編】 - CentOS|Systems Engineer Wiki

Systems Engineer Wiki

訪問者:11,777,116 人目

<< 2020年10月 

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お知らせ・メンテナンス情報
  >  
  >  
ウェブサーバ(Apache)初期ファイル表示設定【.htaccess編】

ウェブサーバ(Apache)初期ファイル表示設定【.htaccess編】

投稿日:2015-01-14 01:40:02

ウェブサーバ(Apache)初期ファイル表示設定【.htaccess編】

ウェブサーバ(Apache)初期ファイル表示設定方法について WEBサイトを作成した際に、ウェブサーバ(Apache)の初期設定では初期表示ファイルが「index.html」など特定のファイルに限定されています。 その為、任意のファイルを初期ページとして設定する場合は下記のような設定を行います。 サーバ状況によっては、httpd.confファイルの変更やウェブサーバ(Apache)サービスの再起動が出来ない物も存在します。 その場合は、「.htaccess」ファイルにて同様の設定を行う事も可能です。 .htaccessファイルを利用して設定を行った場合、ウェブサーバ(Apache)サービスの再起動は不要になります。 .htaccessファイルは、WEBホームディレクトリ直下に配置します。 ※.htaccessファイルの記述を誤るとWEBサイトが停止する可能性がある為、十分注意して作業を行って下さい。

# vi /www/www.example.com/.htaccess DirectoryIndex index.php

上記例は、www.example.comドメインが設定されているWEBサイトのホームディレクトリが、「/www/www.example.com/」に設定されている想定になっております。