Clam AntiVirusウィルス定義ファイルの自動更新設定 - CentOS|Systems Engineer Wiki

Systems Engineer Wiki

訪問者:11,777,133 人目

<< 2020年10月 

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お知らせ・メンテナンス情報
  >  
  >  
Clam AntiVirusウィルス定義ファイルの自動更新設定

Clam AntiVirusウィルス定義ファイルの自動更新設定

投稿日:2015-01-27 16:58:15

Clam AntiVirusウィルス定義ファイルの自動更新設定

Clam AntiVirusウィルス定義ファイルの最新化を手作業で行うのが面倒だったので自動更新を行う方法を調べてみた。 自動更新方法としては、デーモンによる設定方法とCronによる2種類の方法があるらしい・・・。 まずデーモンによる自動更新方法は下記になります。 freshclamをデーモン起動して、1日に何回ウィルス定義ファイルの更新を行います。。 こちらは、1日あたり1回〜50回まで指定らしいです。

# freshclam -d -c 25

上記設定では、1日に25回ウィルス定義ファイルの更新を行うように設定します。 続いてCronを利用したウィルス定義ファイルの更新方法を記載致します。

# 0 * * * * /usr/bin/freshclam -l /var/log/freshclam.log

上記は1時間毎ウィルス定義ファイルの更新を行うように設定します。