数字について【整数と実数の表現方法】 - PHP公式資格初級|Systems Engineer Wiki

Systems Engineer Wiki

訪問者:11,777,130 人目

<< 2020年10月 

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お知らせ・メンテナンス情報
  >  
  >  
数字について【整数と実数の表現方法】

数字について【整数と実数の表現方法】

投稿日:2015-01-20 14:42:08

整数と実数の表現方法について

PHPの整数は、普段私たちが使用している10進数表記のほかコンピュータの世界でよく使う16進数・8進数を使って表すことができる。

<?php   // 10進数表記   echo 1234567890. "\n";   // 負数   echo -123456789. "\n";   // 8進数表記   echo 0123. "\n";      // 16進数表記   echo 0x1A. "\n";

出力結果

1234567890 -123456789 83 26

加えて、実数を表現するために、浮動小数点数を利用します。 通常の0.1234のような記述方法のほか、1.2e3(これは、1.2×10の3乗つまり1200を意味します)のような指数表現で表すこともできます。

<?php   // 浮動小数点数   echo 3.141592. "\n";   // 浮動小数点数(負数)   echo -3.141592. "\n";   // 指数形式表記   echo 1.2e3. "\n";      // 指数形式表記   echo 34E-3. "\n";

出力結果

3.141592 -3.141592 1200 0.034

PHPのマニュアルでは、整数型をintegerや浮動小数点型をfloatまたはdoubleとして表しています。 コンピュータで数を表す場合、どうしても表現できる数値の範囲が有限となります。 一般的な32ビットPCの環境でのintegerの表現範囲は約20億(-2147483648~2147483647)で、浮動小数点のfloat型は10の38乗(制度は7桁)程度となります。